看護師求人 >看護師転職体験談~1~ 

看護師転職の成功例を参考にしたい!

看護師転職体験談~1~

私は看護学校を卒業後、自宅近くの眼科でずっと働いてきました。眼科には、重い病気を患った患者さんは来ないし、業務内容的にも、そんなにスキルを必要としない事もあり精神的にもあまり負担のかからない仕事です。

職場環境にも恵まれ、スタッフはみんな仲も良く、仕事帰りに遊びに行ったりと、決して悪い環境で働いていた訳ではありませんでした。でも、ここでずっと働いていても、スキルアップは望めないし 自分が苦労して勉強してきた事も、ほとんど活かせないままだと考えるようになりました。

このまま現状意地でも良いのかと疑問に感じるようになり、そんな時に、転職サイトを利用し始め、今よりももっとスキルアップ出来るような病院を探す事にしました。

そうすると、すぐに救命救急センターでの募集案件が見つかり、そこを紹介してもらえたので予め見学をした上で、後日面接を受けました。先方も人員不足だったようで、採用もすぐに決まり、スムーズに転職出来て良かったです。

転職サイトの担当者とは、ちゃんと連絡を取り合える状況にあったので、やりとりもスムーズに上手く出来た所が良かったのと、先方のレスポンスもとても迅速な対応で、質問もその日のうちに返してくれていました。

でも、救命救急センターの仕事は、予想していたよりもかなり大変で、シビアな世界。過酷な状況下の中で、常に気を張った状態で仕事をこなさなければなりません。

時間におわれ、毎日運ばれてくる急患の対応や、入院患者の身の回りのお世話や管理など、やらなければならない仕事が、いつもたくさんあるので、精神的にも体力的にも、とても疲れやすくなってしまいました。

だけど、そういう環境の中で仕事をしているからこそ、達成感ややりがいを感じる事も出来るし、スタッフ同士の統一感と言うか、結束力も強いものです。特に、救命救急の仕事は、一つのチームなので、スタッフ間のまとまりがなければ、成り立たない仕事だと思います。

仕事は眼科の頃よりも、100倍以上辛く、しんどいものになりましたが本当に日々やりがいを感じ、スキルアップも出来るので、前職に戻りたいとは全く思わなくなりました。給料面に関しても、眼科の頃より比べものにならないほど、アップしたのもお察し出来るかと思います。

私はそんな今の救命の仕事を、とても誇りに思います。今もこれから先も、ずっと続けていきたいと思っています。